上杉アイクの机上で空論

独特の感性で森羅万象を考えます

2022年 第2週 アーケード版が世紀末っぽい

 まあ、基礎があのディシディアFFですからw 

 

 年が明けてからというもの、正月ミッションはあって仕事始めまではワリと楽しめたのですが、結局元日がピークでしたね。あとは気が向いたらガチャとか引いて爆死して・・・を繰り返しました。

 12日からは復刻事件簿イベントが始まるし、ライネスとかルヴィア(!?)とかのイベントの中核を担う鯖があらかたお迎えしているので楽勝というものです。

 え?ヘファイスティオン?

 

警 告

 ここから先は期間限定イベント「非霊長生存圏 ツングースカサンクチュアリ」及びメインストーリー「2部6章 妖精円卓領域 アヴァロン・ル・フェ:星が生まれる刻」までのネタバレを含みます。

 

 書くこともないので、昨年末のイベント「非霊長生存圏 ツングースカサンクチュアリ」の感想でも。

 なんというか、なんとな~くイイハナシになっている感がありましたが、いやいや、コヤンスカヤの正体から解決法まで、「そんなのアリ?」と思うような展開の連続でした。特にNFF本社までのお話が面白かった分、最後の最後で「ありゃりゃ?」という感じでした。

 そもそも第7の人類悪・Uーオルガマリーへの対抗策が皆無なのは、途中で出てきた切り札的な超兵器、ブラックバレルが通用しないという点が大きかったはず。人類悪はグランドサーヴァントの力を行使しないと「その時代のいかなるモノを使っても絶対に対抗できない存在」であり、「ビーストの幼体」のコヤンスカヤに関しては対抗策があるうちに叩く。そのうえでU-オルガマリー対策として「多数の鯖による同時展開作戦」のテストを行う・・・というのがノウムカルデアの最初の主な作戦でした。しかしコヤンスカヤの固有結界によって人間の鯖はほぼ無力化されるものの、冠位候補の太公望の尽力と「地球の災害」の代表格である伊吹童子の力によって解決・・・という流れはいかにもFGOらしいストーリーなのですが、イベント当初からの疑問が。

 なぜノウムカルデアはブラックバレルを量産しないのでしょうか?

 確かに本命はU-オルガマリーであり、作戦をテストすることは非常に重要ですが、バックアップとしてのブラックバレルはコヤンスカヤに対して効果があるはず。実際にハベニャンがブラックバレル要員としてマシュに同行しているのだし、2部6章の描写から十分な魔力量があれば誰でも使用可能なのは明白。だったら、ノウムカルデアが真っ先に行うべきはブラックバレルをせっせと量産して、あるだけの分を鯖に持たせるくらいのことをすべきだったのではないでしょうか?そんでもって、もし当初のオペレーションが失敗したらありったけのブラックバレルをコヤンスカヤに向けてブッパする。まあ撃った鯖は退去してしまうでしょうが、相手が相手なので四の五の言ってはいれられないはずです。「人間の鯖は顕現を維持できない」という展開にするにしても、「鯖でワラワラしてだめだったらブラックバレルで飽和攻撃するわ」くらいの発言で十分伝わります。

 そもそも2部6章の時点で、ブラックバレルはシナリオ的に若干持て余し気味だったのは判りました。もし普通にマシュが持っていたら「なんでこの場面でブラックバレルを使わないの?」ってなりますし、汎人類史との境界が曖昧だった異聞帯では令呪の魔力補給も最悪可能になるので、ここぞという時に遠慮なく撃てる、イージーな展開になってしまうのは目に見えているのです。元々ブラックバレル自体が「鋼の大地」の重要なアイテムであり、ファンサービスとしては「アリ」だと思うのですが、FGOにおいては、なんかもうスターウォーズの悪名高い「ハイパースペース特攻」と同レベルの禁じ手になっているのではないでしょうか?

 OPにてマシュが使ってるブラックバレルとハベニャンが宝具で使うそれとは形状も異なっているし、エクスカリバーがU-オルガマリー対策の切り札として実用化を急いでいるという発言から、ブラックバレルにも何らかの設定変更が加わるのは確実だと思いますが、こういう細かいツッコミどころも違和感なく伝えるのは、実は重要なのではないでしょうか?

 

 あと、先のイベントはお馴染みの「6.5章」に相当するイベントで、「5.5章」だった「地獄界曼荼羅」と同じ立ち位置・・・と思っていたのですが、その「地獄界曼荼羅と同じ立ち位置」であり「ツングースカサンクチュアリ」の事だと思っていた6章と7章の間にある光点が未だに消えないのは何故だろう?

2022年 第1週 小池百合〇「コンクリート製でした(ヘラヘラ)」

 あけおめです。

 

 ガキ使やってなかったので、大晦日はFGOの生放送を観ていました。

 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿の特別編はそのまま1月の「レディ・ライネスの事件簿」の復刻の宣伝になり、FGOカニファンはなんとおっきー(ココ重要)とエレシュキガルのサバチューブ対決のエピソードが放送されました。まあ僕にとっては、生放送の中でカニファンの部分が一番重要だったわけで、エピソードの終盤のおっきーの水着姿がアニメで観られた時点でカニファンのDVDを買う決心がついたというものです。

 

 さて、生放送ではカノウDと川澄さんも登場し、FGOの情報も発表されました。福袋の内訳や正月鯖が「闇のコヤンスカヤ(!)」であること(もう何でもアリだな)。そして、頑なに実装しなかったガチャの天井が、ついに実装されることになったではありませんか!

 特に、ガチャの天井に関しては無課金・微課金勢も大注目です。ほかのソシャゲとは形式が若干違いますが、330連、聖晶石900個分、値段にして6万弱で排出が保証されるのは、今までの悪辣ガチャを考えると十分良心的と言えるでしょう。元日より「第一部インプルーブ」というクリア支援キャンペーンも実装されたし、やっぱり会社が変わると方針も変わるのかな~とは思います。ちょっと色々あって無課金垢の準備ができていなかったですが、ここは一つ、今日から始めていこうかなと思います。

 

 さてさて、FGOのお正月と言えば福袋召喚!運営への感謝として、今年から福袋は引くことになった身としてはどれにしようかじっくり悩む・・・ことはありませんでした。当然、キャストリアが含まれている福袋一択です。朕が被る可能性もありましたが、それくらいのリスクを恐れて福袋など引けるでしょうか?いざ召喚!!と思ったら、いきなり虹回転が!!

f:id:ike-uesugi:20220103124906j:plain

・・・やってもーた。

 新年早々暗澹たる気持ちでガチャ画面を眺めていたら、また虹回転が!?福袋の神(!?)は僕を見捨てていなかった!!さあ、キャストリアをお迎え・・・

f:id:ike-uesugi:20220103125120j:plain

f:id:ike-uesugi:20220103125131j:plain

 まあ、これで1月の「レディ・ライネスの事件簿 復刻」は安泰だな(強がり)。

2021年 第52週 【最終回】FEHにもケモ耳尻尾巨乳美少女(しかも褐色)実装されたよ

 まあ、だけど

 

 色々と満を持して挑む「非霊長生存圏:ツングースカサンクチュアリ」ですが、このイベントの目玉といえばレイドイベント。

 詳しいネタバレは避けますが、これまでのメインストーリーでの強敵や印象に残る敵が登場するレイド戦が行われるのです。

 僕は第1部の冠位時間神殿でのレイド戦には参加しなかったし、今回は前イベント「メイキング・クリスマス」での3-1-1構成のフリクエも坂田金時を使った3ターン周回ができるようになった前例も持っているので、気合を入れて狩に狩りまくろう!とスマホを持って正座して23日の18:00を迎えました。

 そして待っていたのは、「宝具攻撃耐性」という露骨なワンキル対策と、2時間も経たずに狩り尽くされた「強敵」の姿でした。24日は残業があって、21時くらいにしかレイド戦の参加要件を満たせなかったのですが、満たしたら満たしたでとっくに終わっていました。敵の数は2倍に増えていたそうですが焼け石に水とはまさにこの事。今日に至っては始まる前から若干諦めムードで、ボドゲカフェで19時まで遊んでそれから帰って始めたら終盤も終盤であっという間にレイド戦は終わりました。

 そもそもFGOのレイド戦と言えば、僕が経験してこの記事を書いてる時に思い出せるだけでも「アポクリファコラボ」に「ONIランド」に「ぐだぐだ邪馬台国」に・・・と、どれも直ぐに終わった記憶しかないものばかりです。後述の意図があったのではないかな~とも思ったのですが、FGOの運営はレイド戦の経験とか、ノウハウとかが豊富なはずなのに、もっと敵を用意するということが6年経ってもできないというのはどうなんでしょうか?ただ、お話はいつも通り面白いし、6.5章という位置付けのイベントなので、終了後は冠位時間神殿みたいにストーリーをなぞる形式で常設されるのかな?とは思います。

 ただ、今までのイベントのお話を考えると、レイド戦自体にストーリー上の意味があるのではないか?とも思ってしまいます。今回のお話では「生態系」というのが大きなテーマになっています。さらにコヤンスカヤの、これまでの人の心を突くような言動を合わせて考えると、わざとレイド戦の敵の数を少なく設定したりワンパン対策を「コヤンスカヤの加護」という設定にすることで「人間に狩り尽くされて種が絶滅する」ことを揶揄し、「人理を奪還するという錦の御旗を掲げておきながら、大量虐殺を行ったじゃないか。本当に有害なのはビーストの自分ではなく、己の利益のためには平気で殺生を繰り返すお前たち人間なんだ」という展開につなげていくのかも・・・とも思ってしまいます。

 明日は最後のレイド戦が行われる予定です。今日までの展開上、相手はビーストに近い形態になったコヤンスカヤだとは思いますが、僕はと言えば明日は夜までリアルのイベントに参加予定で、残念ながら家に着くころには終わっているとは思います。

 しかし、イベントのもう一つの見どころである、今まで悪逆非道の限りを尽くしたコヤンスカヤに対しどのように決着をつけるのか?イベント冒頭でシオンが言っていた不穏すぎるセリフの結末とは?カルデアは異星の神に対しての有効打を得ることができるのか?そして、第7の異聞帯の名称は判明するのか?色々な意味で謎が謎呼ぶ展開がどのように進展するのかは要注目ですね。

 

さて、先週も書いたように、今回を以てメインアカウントにおける完全無課金プレイ日記は終了し、来年からはメイン垢は福袋課金&サブ垢の完全無課金プレイ日記を始めることになります。

 そんな訳で、最後の、今年無課金でお迎えした鯖を振り返ります。

(BGM:In to the world)

剣スロ

鬼一法眼

赤王

渡辺綱

ヒロインオルタ

アタランテ

上乳上

水着ブリュンヒルデ

モルガン様

メリュ子

コヤンスカヤ

ハベニャン

オベロン

美遊

水着ロリンチ

水着沖田オルタ

アナスタシア

キャスターエリちゃん

セイバーエリちゃん

メカエリチャン2号

イシュタル

狂ヴラド

ライダーエリちゃん

モレー

卑弥呼

森長可

蘭丸

水着ノッブ

水着沖田

サンタマルタ

 

 今年は5~6月頃からガチャで勝利できたのですが、その反動からか、太公望&ニャッチガチャでは燕青とルヴィアの宝具が重なっただけで終わりました。うん、ルヴィアも巨乳だよね。

 来年早々、たぶん福袋召喚はあるとは思いますが、果たしてどんな形式になるのでしょうか?僕的にはキャストリアとかスカディとかお迎えしたいのはヤマヤマですが、宝具が重なるだけってのもキツイので、ひょっとしたらお迎えしていない鯖の割合が多いガチャを引くかもしれません。

 来年1発目で明るいブログが書けるといいな~

 

 皆様よいお年を。

2021年 第49・50・51週 この惑星で、だた一つだけ

 11月29日、いきなりスマホの電源が付かなくなり修理に出しました。

 結果、任天堂アカウントに紐付けていた任天堂のソシャゲや、前に修理に出した時に別デバイスで撮影していたウマ娘は無事復旧できたのですが、パズドラはIDを写したスマホが見つからない限り復旧不可能となってしまいました。

 問題はFGO。ウマ娘と共にIDは残っていたのですが、引継ぎコードが無かったので自力で復旧できなくなってしまいました。

 すぐに公式の復旧申請サイトにて分かる必要事項をすべて書いて送信しました。

 それからすぐに新イベント「非霊長生存圏 ツングースカサンクチュアリ」のお知らせがあり、「下旬に始まるからまだ致命的な結果にはならない・・・」と正常バイアスが働きまくりで考えていました。それから3日経ち、4日経ち、「12月7日から『メイキング・クリスマス・パーティ!』が開催」と、今年のクリスマスのボックスイベのお知らせが来て、それでも復旧の可否のメールは来ませんでした。

 

 パズドラもそうですが、FGOを新たに始めるという選択肢はありませんでした。

 どんなに強いアカウントだったとしても、カリンやミナカが居ないパズドラなど、僕にとっては何の価値もありませんでしたし、FGOでもそれは同様、例え新イベントがあったとしても、おっきーや水着おっきーやジナコが居ないFGOに価値はありません。

 まさに一日千秋。ボックスイベが始まっても、僕は「まだ大丈夫、まだ焦る時ではない・・・」と思っていました。

 そして、12月10日。僕としては、無課金だしふざけ切ったアカウント名だしと、躊躇というか少なくとも運営に対して申し訳ない気持ちはとても強かったですが、これ以上待つとさすがに取り返しがつかなくなると感じたので、昼になるべく平身低頭な文章を心掛け、催促のメールを送らせていただきました。そしたら!1時間後に引継ぎコードとパスワードが送られて来たのです!!正直「忘れてただろ」とも思ってはいたのですが、ただでさえ厚かましい復旧依頼を送った上に催促のメールまで送るような失礼極まりないユーザーに対してこの対応の丁寧さに感激しました。

 それから急いでイベントをクリアし、ボックスも66箱開けることができました。

 

 さて、3年の間「完全無課金」を貫いてプレイしていましたが、ここまでして頂いたのであれば、やはり福袋くらいは課金するべきではないのか?と考えることはありました。そして先週末、更に衝撃の事実が判明しました。ディライトワークスのゲーム開発部門が、アニプレックスに売却されるというのです。

 ディライトワークスと言えば、FGOでかなりの利益を上げていたり最近はボードゲームでも存在感を見せてはいるものの、「サクラ革命」に代表されるようにそれ以外は鳴かず飛ばず。ナカイドさんの動画でも、社員の方が相当辛い状況に陥っているのが紹介されるなど、社内ではかなりの混乱が起きていたのは想像に難くありません。

 カノウDがわざわざ「自身がディレクター職を退くことはない」と発言してユーザーの不安を払拭しなければならないほどFGOの運営としても不透明な状況で、僕は上記の、運営に対して極めて失礼な態度をとってしまったということなのです。

 

 僕としても、ある種決心がつきました。

 運営への感謝として、福袋課金を行う事としました。

 「完全無課金FGO日記:無課金で人理奪還してみた」は、2021年を持って終了とさせていただきます。

 そして2022年より新たに「FGO日記:微課金&無課金で人理を救ってみた」というカテゴリを立ち上げ、既にサブアカウントを立ち上げ、来る2022年に向けてゲームを進めています。

 残り1回、長かった無課金時代を惜しみつつ・・・

f:id:ike-uesugi:20211220211158j:plain

 大丈夫・・・課金は・・・福袋・・・だけ・・・

2021年 第48週 【速報】何やってんスか?鬼束ネキ

 結局のところ、FEHでも特に思い入れの無いキャラクターのガチャなんぞ引かなければ良いのではないか(°∀°)<HAHAHAHAHAHA

 んで「思い入れのあるキャラ」って?

 そ~だな~、やっぱり蒼炎のマーシャとかステラとかフォルカとか、あとレーギャルンとかかな?まあ、そんな4人が一遍に新英雄として実装される確率なんてほとんど無いではないか?(°∀°)<HAHAHAHAHAHA

 

 マ ジ で そ う 思 っ て い ま し た 。

f:id:ike-uesugi:20211128211206p:plain

f:id:ike-uesugi:20211128211302p:plain

<ステラァァァァァァァァァ!!!!!?

f:id:ike-uesugi:20211128211312p:plain

f:id:ike-uesugi:20211128211331p:plain

 「もしかして」、必ずあるよ、事故とガチャ

 

 さて、現在開催中の「昭和キ神計画 ぐだぐだ龍馬危機一髪! 消えたノッブヘッドの謎」も完走しました。

 やっぱり面白いですね~。シメがぐだぐだイベントに有るまじき粋なものになっているし、ちゃんとメインストーリーのぐだぐだオチも忘れない。さらには蘭丸が蘭丸だったかもしれないという驚愕の蘭丸な展開(!?)も込みというカオスさもありと、短いながらイベントストーリーとしての完成度はいつぞやのコラボイベントと違って極めて高いものとなっています。

 また、周回面でも大きな変化が。セシさんの動画で、蘭丸をつかったカンタン周回構成が紹介されてたのですが、やっぱりというべきか、キャストリアありきの内容で「な~んだ」となっていたのですが、その後に、強化済キャスニキとWコヤンによる周回構成の紹介動画を見て一変。キャスニキの強化クエと2部6章をクリアすることで、スキル1と3がそれぞれNP取得スキルになり、しかもスキル3は大幅にNPがアップするので、攻撃力アップの特攻礼装によるNP30や50のゲタと合わせることでコヤンスカヤのスキル1でNPを投げつつスキルのリキャストを速めて全てのWAVEで常にキャスニキのNPを100に維持できると。そんでもってキャスニキの宝具はバスターなので、コヤンスカヤのスキル3の3ターンバスターの大幅強化をかけることでほぼ全てのフリクエの敵を瞬殺できるというもの。やってみたら、本当にサクサクと周回が進む進む!!さらに、最上位のフリクエでは、他にバーサーカーやアーチャーが出てくるので、バーサーカーには蘭丸をアタッカーにしてフレンド様からアイテム増加礼装を付けたキャストリアをお借りする、アーチャーにはアイテム増加礼装をお借りしてメリュ子をアタッカーにしつつコヤンとオベロンをサポーターにすることで、最上位3クエストをサクサク周回するシステムを自力で構築できるまでになったのです!

 更には、いつもは四苦八苦していた高難易度クエストも、相手がキャスターだったので、ハロウィンイベントでお迎えしたライダーエリちゃんに、コヤンだのオベロンだのマーリンだのでバスターバフをとにかく盛りまくりのNP投げまくりでエリちゃんの宝具を連発することで見事2回でクリア。特にWコヤンによる人特攻がかなり効きました。あ、盾役のマシュも忘れずにw

 もう、普通の殴り合い周回には戻れない!!

 しかも今回は、「探偵ミッション」が美味し過ぎます。いつもは完走したらイベントは放ったらかしにするのですが、レア素材やマナプリ、フレポにQPが理論上ほぼ無制限にいただけるし、ランダム発生なのでミッションによってフリクエも変える必要があり飽きないようになっているので、ある程度リンゴを齧りつつなるべくミッションをクリアするようにしています。今年の水着イベといい、こういう要素は本当にありがたいですね。

 

 さてさて、イベントは12月1日までということは、いつもの展開から考えて1~15日までと15~31日までの2つのイベントが開催されると。しかも時期的にクリスマスの復刻と新規が一番考えられ、しかも例年通りならボックスイベが待っていることになります。「ひょっとしたらどちらかのクリスマスイベントは無いのではないか?」という予測もありますが、6月から始まったガチャの勝利ラッシュが続き霊基保管室がすっかりお寒くなっているので、是非ともボックスガチャイベント、しかもボックスの制限がないイベントは、今年もう1回は開催していただきたいですな。

 

 ところで、ムスペル王国にはツノみたいなモノを頭に乗っけないといけない決まりでもあるんですか?

2021年 第47週 カミは天にいまし、全ては是非もないよね!!

 最近のイベントは特異点Fクリアが多かったためか、イベントストーリーでもフリクエでも難易度が全然違って、なんというか、ノリというかイベントクリアの感覚的なサムシングについての違和感がずーっとあります。

 そんな感じと例によって残業とかがエグイことになってきた中で前よりイベント進行が鈍化している感じがある新イベント、「昭和キ神計画 ぐだぐだ龍馬危機一髪! 消えたノッブヘッドの謎」ですが、別の面でも違和感が。

 

 というのもこのイベント、冒頭にサーヴァントユニバース的な世界設定がぐだぐだイベントに嚙んでいることが明示されてしまったのです。となると、FGOのイベントは普通のソシャゲのイベントでよくある「こういう異世界での息抜き的イベントですよ」というものではなく、所謂「CCCイベ」や「〇.5章イベント」のような設定にクリティカルに関わっているイベントの他にも、「チェイテ城イベント」や「ぐだぐだイベント」、「サーヴァントユニバースイベント」といったシリーズ化されている、一見息抜き的イベントのように見えるイベントにも何らかの設定的な伏線がある可能性があるのです。

 作り手のこだわりみたいなものは物凄く感じますし、最近はイベントの実質的な再復刻も出てきているので以前ほどの不満はないのですが、やはり、重要な設定や伏線はメインストーリーのみである程度完結するようにしてほしいです。

 

 まあ、イベント自体はちゃんと最新話まで進めていますし、お話も今日のあたりなんかはまさに「さあ、盛り上がって参りました!!」って感じテンションだったし、やっぱりPRGやるなら続きが気にならなくては!と思ってしまうほどの質がいいのは紛れもない事実。要は見せ方、遣り様ってことで。

 

 さて、気になった点と言えばもう一つ。

 今年に入って参加するイベントの配布鯖に注目してみると、

鎌倉イベント:鬼一法眼

ワルツコラボ:アイドルオルタ

水着イベント:水着ロリンチちゃん

チェイテトリロジー:キャスターエリちゃん セイバーエリちゃん メカニズムエリちゃん

ハロウィンイベント:ライダーエリちゃん

ぐだぐだイベント:森蘭丸

 と、フォーリナーにルーラーにアルターエゴにアヴェンジャーと近年では考えられないくらいエクストラクラスを配布しているのです。個人的には、水着ロリンチちゃんはアーチャーだと踏んで、直前のハンティングクエストで弓種火を大量生産してしまったので微妙ではあるのですが、それでもエクストラクラスは単純に便利、しかも、今回のような難易度が高い上に特攻鯖を多くお迎えしているわけでもない無課金にとって、アヴェンジャーの森蘭丸やルーラーの卑弥呼は本当にありがたい存在です。この辺りの方針の変化も、運営としてユーザーの利便性を考えるようにしているのではないかな~とは思います。

 さて、その森蘭丸こと森成利ですが、森氏と言えばオグリキャップでお馴染みであり僕が住んでいる所からも近い岐阜県笠松町武家であり、森成利とその兄の森長可笠松町出身です。そもそも「ファイナル本能寺」で森長可が実装された時点で、森成利も実装されちゃうのではないか?とは思ってはいましたが、まさか女体化されてしまった上にあんな性格に魔改造されてしまうとは!しかもノッブみたいにFGOを始める前から実装されているならともかく、森蘭丸はリアルタイムでプレイしている時です。森長可やミッチー・・・じゃなかった明智光秀ですら岐阜県民としては少々微妙な魔改造(!)だったというのに。しかも森蘭丸のエピソードとして、織田信長とともに本能寺の変で討死したのはもちろんのこと、信長の小姓としても有名。そもそも戦国時代の武将と小姓は、所謂「そういう関係」なので、ノッブが女性で蘭丸も女性ってことは・・・たまげたなぁ。

 

 さて、ガチャに関しても、やっぱり出雲阿国が欲しかったので回してみたら・・・

f:id:ike-uesugi:20211121220401j:plain

あ、兄妹が揃った。

しかも、

f:id:ike-uesugi:20211121220431j:plain

狙いとはちがったけど、折角信勝がいてもサポートが居なかったから是非もないよね!

 

 ところで先輩、先程頂いたアイスティについて聞きたいのですが